劣等感の塊だった紗矢香がチョコレートに救われた話し。

熊本・チョコレート教室

MiMi chocolat (ミミショコラ) 代表

礒野 紗矢香です😊❣️

 

f:id:chocolat38bonheur:20180906100236j:plain

紗矢香はチョコレートが

作れるようになって

生きることがもっと楽しくなりました。

「チョコレートの先生です。」と自己紹介すると

必ず「えっ!チョコレート!?すごい!!」と

言っていただけて、めっちゃ反応が良い☺️💕

初対面の人とでもチョコレートの

話しで盛り上がれます♡

 

なんで、そんなに反応がいいのか?!

紗矢香は、

チョコレートはみんなに愛されている

チョコレートを作れる人が少ない

からだと思っています。

 

 

紗矢香が本格的にスイーツを作り始めたのは

中学生の13歳でスイーツスクールに通ってから。

一通りのスイーツが作れるようになって

少しだけスイーツには自信がありました。

 

高校になってからも、

寝るより、食べるより、

スイーツ作りが大好きでした。

作っては、近所の人や友達に

よくプレゼントしていました♡

 

卒業後、埼玉にある女子栄養大学に入学。

紗矢香は、友達が作ったスイーツを見て

めちゃめちゃ落ち込んだんです。

 

クオリティーが全然違う。。。

 

女子栄養大学には、全国から

食が大好きな人たちが集まります。

食べることはもちろん

料理やスイーツを作る人が多く集まります。

 

当時の紗矢香はよく人と

比べては自分との実力の差に

かなり落ち込んでいました。

 

私はあんな凄いスイーツ作ったことがない

くやしい!同い年なのに!

なんで!?ムカつく!笑

と思っては、自分って全然才能ないんだな〜と

ウジウジしていた時期がありました。

スイーツを作っても楽しくない、

納得いかない、私ってやっぱりダメだ〜

とかなり自分を追い詰めていました🤣

 

2014年、

紗矢香は千葉にある

チョコレート教室に通うことになります。

 

最初は、ただただ

チョコレートが大好き

そんな気持ちでした。

専門学校でも、1年間を通して

チョコレートの時間は3時間ほど。

専門学校を卒業したからといって

チョコレートを扱えるようにはなりません。

 

教室に通うことで、

チョコレートって難しい

パティシエでも失敗する

温度管理めんどくさい

から

チョコレートって楽しい!

チョコレートってこんなにも奥が深い

自分のオリジナルレシピが作れるなんて凄い!

と思うようになり

 

周りにチョコレートをあげると

「えーーーー!?これ手作り?凄い!」

とかなり喜んでもらえました。

 

今まで作ってあげていた

焼き菓子やスイーツとは

ビックリするくらい反応が違います🤣

 

それから、ますますチョコレートの

魅力にハマっていき、もっと、もっと

たくさんの人の笑顔が見たいと思って

チョコレート作りを続けています👩🏻‍🍳

 

そして♡一緒にチョコレートで

笑顔や、幸せを広げる

お仲間を紗矢香は募集中です☺️

一緒に、楽しくチョコレート作りませんか?

紗矢香も最初は全く作れませんでした。

人生、なんでも初めからなんです。

紗矢香が全力サポートしますので

チョコレートのことなんでも聞いてくださいね💕

もちろん、スイーツのことでも♡紗矢香の事でも♡

なんでもウェルカムです😻💓

 

LINEから気軽にメッセージください♡

LINE@は、下の【友だち追加】
ボタンをクリックしてお友達登録できます♡

友だち追加

LINE@ ID検索は→@sayaka_mimi
@を忘れずに❣️